のほほ~んと島犬・・・想い出のアルバム
捨て犬だった3匹の島犬達との毎日。お気楽なことばかりじゃないけど、なぜか笑顔。

プロフィール

mi-goro

Author:mi-goro
長女みなみ(推定17才)
美しく、賢く、誇り高い
少々気難しい

次女ナツ(8才のまま)
かわいい、天然、棒取り命
精神的に急成長中
10.9.29成長しすぎて天使に

長男ケン(推定10才)
アイドル、要領いい、やんちゃ
ほんとは超ビビリ

最近の記事

カテゴリ

未分類 (0)
ケン (62)
みなみ (82)
ナツ (42)
3匹で (56)
みなみとケン (14)
みなみとナツ (13)
ナツとケン (21)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
長女みなみの場合
12415_2

我が家の長女みなみが初めて現れたのは、2001年1月1日の夜7時。
真暗闇の中から突然現れた黒い大きな犬。ベージュ色の子犬を1匹連れていた。
翌日その母犬は悲しげに「きゅーんきゅーん」と鳴きながら隣家の回りをぐるぐると走り回っていた。明るいところで見ると息をのむほど無惨に痩せこけている。隣人に聞くと「子犬はうちで飼えるけど母犬は大きすぎて無理」とのこと。
「犬は俺の天敵だ」と常々言っていた夫も心動かされ、私達はその日のうちに母犬を引き取ることを決めた。
初めて犬を飼う私たちに、隣人は「ずいぶん汚れているから明日シャンプーをしてからに」と言ってくれた。
私たちはあわてて犬の飼い方の本と首輪・リードなどを買ってきた。

飼ってみたら、基本的なしつけは既にされていたし、どうして捨てられたのか理解できないぐらい、賢くて美しい犬だった。
早々に親ばか全開になった私たち。
年月が経つごとに、みなみへの愛情は大きくなり、「みなみと24時間いっしょにいたい!」という夢を叶えるために私達は現在の家を建てた。
プライベートスペースは犬と生活しやすいように、間取り・内装すべてを考えた。

今はもう、みなみのいない生活は考えられない。
妹弟が増えたとしても、我が家ではみなみが一番。
でも、みなみももう若くはない。
成犬になってから出会ったので、正確な年齢はわからないが、去年獣医さんに「推定8才」と言われた。1日でも長くいっしょにいられるように祈るばかり。

スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

【2007/04/22 20:19】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
洗濯ひもで
むかしはね


みなみが来た頃は、まだインターネットもほとんど普及してなくて、犬用品は島内でみつけるしかなかった。
散歩用ロングリードは洗濯ひもだったね。
2-3本を編んで使ってた。
この頃は、お客さんをショップに送っていきがてら、よく川平のビーチで散歩したね。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

【2007/04/23 11:42】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
こんなだった、みなみ
01-02-10.jpg

みなみがうちに来て、1ヶ月後ぐらいの写真。
まだこんなに痩せていた。
背の高さや長さとか大きさ自体は変わってないけど、体重は今と4kgぐらいちがった。
いつも寂しがっていた。
この時は家に入れることはもちろん、前庭につなぐことすらできなかった。
いっぱい穴を掘っていたみなみ。
今ならわかる。
つまらなくて、ストレスだったんだよね。ごめんね。
【2007/04/23 18:04】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
レトリーバーなんだ!
01-0301.jpg

ラブラドールみたいに見えるみなみだけど、犬初心者の私達はみなみが何したいのかわからなかった。
当時うちに滞在していたアメリカ人のエリックさん。
ラブラドールを飼っている彼は、みなみは「部分的にラブ」だろうと言ってた。
そして海で棒のレトリーブのやり方を、私達に教えてくれた。
それまで波をこわがるぐらいだったみなみが、棒を追って海に飛び込んでいった。
水を得た魚ならぬ犬。
01-1025.jpg

これはナツじゃなくて、みなみ。
エリックさん直伝の棒投げ遊びは、かくて定着したのだった。
みなみもすごい勢いで棒を追いかけていたなぁ。
ナツが来た頃には、あまりやらなくなっていた。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

【2007/04/23 20:10】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
車大好き
みなみは最初から車が大好きだった。
01-1201.jpg

こうやって、窓から外を見たり、運転席の横から顔を出して前を見たり。
電車に乗っている幼稚園児みたい。
最近はナツに真ん中をとられて、左右の窓に行ったり来たりしてるね。
この車は今はもうないけど、みなみの車だから「セナ」ていう名前だった。
【2007/04/24 12:55】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
平和犬
03-0405.jpg

イラク戦争が2003年に始まったとき、島でも反対デモがささやかに行われた。
私達はみなみを連れてでかけていった。
当日あわてて作ったプラカードがわりの服。「平和が一番」

普段は人が大勢(6名以上)いると、固まって動かなくなるみなみだが、
この時は事の重大さに鑑みて、いやがらず列の中に入ってくれた。
普段の散歩の時は、あっちふらふら、こっちふらふら、だが
この時は事の重大さに鑑みて、それほどふらふらせず、まっすぐ歩いてくれた。
みなみにカメラを向ける人もたくさんいた。
すごく暑い中、普段と違うアスファルトの道を歩いてくれたみなみ。
ゴールの公園にもどって、水を飲ませていると、大勢の人が
「がんばったね!」「ご苦労さん!」とみなみに声をかけてくれた。

みなみのがんばりにも関わらず、戦火は広がった。
今も米軍はイラクにおり、イラクの人々は血を流している。


【2007/04/24 13:49】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
釣り好き
みなみは釣りのお供をするのが大好き。
干潮でサンゴが露出したイノー(サンゴ礁池)で、私達が釣りをするとき、
みなみはそのへんで遊んでいる。
サンゴを踏まないように、足場を選んで動いているのがほほえましい。
だれかの竿に魚がかかると、みなみは急いでやってくる。
「釣れた!?」みたいな顔をして。
ビクビク動く魚がほしいのだ。
03-0415.jpg

動く魚はみなみにとってはおもちゃ。
自分たちが食べない魚はリリースするけど、1匹だけみなみにあげる。
みなみはうれしそうに魚をくわえると砂浜まで持っていく。
そこでみなみの魚ラグビー遊びが始まる。
魚が動かなくなると終わり。むごい・・・
【2007/04/24 20:15】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Valentine's Day
valentine.jpg

これは02年のヴァレンタインティーパーティ。
英語を教えていた小学生と、ALTのLornaといっしょにティーパーティをした。
まずLornaが工作を教えて、小学生達はハートのカードを作った。
そのカードを好きな人にあげよう!ということになり、
当時小学6年生男子は誰にあげることもできず、みなみにくれたわけ!
その後のスコーンやケーキで本格的Afternoon Tea。
みなみはカードをぶらさげたまま参加。
【2007/04/27 19:30】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サンディとの出会い
2003年夏頃から、近くのキャンプ場に現れた捨て犬。
すごく可愛くて賢くて、何とかしてあげたかったけど、
うちは引っ越しが決まったものの、次にどこへ行くかも決まっておらず、いつどうなるかわからない状況。
とても2匹にすることができなかった。

秋になり冬が近づき、キャンプ場閉鎖が迫る時期。
多分11月の終わり頃、ついに心優しいキャンパーのご夫婦が彼をここから救い出す決意をしてくれた。
そのままでは保健所行きしかなかったから。

予定外のことで、犬用グッズなんかもちろん持ってない彼らに、近所の人達でケージやヒモを用意した。
心を痛めるだけで何もしてあげられない我が家では、出発前に彼らをお茶に招いた。

20070427203553.jpg


犬嫌いのみなみもこの子とはケンカもせず、いい感じ。
サンディ(砂まみれだったから)と名付けられたこの犬は、その後数奇な運命をたどることに。

【2007/04/27 20:41】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サンディはぽんぽんのすけに
奇跡を呼び起こした犬サンディはぽんぽんのすけになった。
約1年後に再会した彼はほとんど別犬になっていた。
pon.jpg

毛がふさふさになって、体も大きくなっていた。
きっと栄養不足で本来の姿になってなかったんだね。
でも頭の形や耳や目がやっぱり同じ。
幸せになって、満たされて、前よりもっともっとかわいく賢くなっていた彼を目の当たりにして、空港で涙がとまらなかった。

以来、ぽんぽんのすけ君は、我が家のスペシャルゲストである。
みなみはもちろん、ナツともケンとも仲良くなって、遠くに住んでいるいとこみたい。
【2007/04/27 20:57】 | みなみ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

copyright 2005-2007 のほほ~んと島犬・・・想い出のアルバム all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。